×

CATEGORY

10,000円(税込)以上で送料無料代引き手数料無料

会社紹介

〒112-0011
東京都文京区千石4-40-24
TEL:03-3941-4484
FAX:03-3941-4587
E-mail:info@kiuchi-tohzai.co.jp
営業時間:8:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

CATEGORY

CONTENTS

BLOG

■ブログ紹介
木内籐材工業 株式会社では随時ブログを更新しております。
≫一覧はこちら


HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  籐という材料について 2

籐という材料について 2

籐という材料について 2

籐という素材について2

 

他の木材にはないすぐれた加工性

 「しなやかで柔軟でありながら強靱」という特性は、籐・ラタン材にほかの木材にはないすぐれた加工性を持たせます。

 

1.三次元複合曲線形状への加工が容易

 普通の樹木からなる木材でも、加熱しながら力を加えることである程度は曲げてやることは可能です。しかしおのずと限界はあり、あまり大きく曲げようとするとボキッと折れてしまいます。また、二次元におさまる単純な曲線はできますが、複合曲線で三次元の広がりを持つ形状への加工は困難か、またはまったく不可能です。

 これに対して、籐・ラタン材は「ヨコ方向の曲げに強い」しなやかさと柔軟性を持っています。たとえかなり太い部材であっても、曲げることは容易ですし、三次元の複合曲線を持つ形状への加工も思うがままです。

 普通の木材にはない加工性です。

 

2.籐・ラタン材だけで完結できる

 普通の木材による家具は、木材以外に釘や鎹(かすがい)も使います。

 籐・ラタン材で作る家具でも釘を使う場合はありますが、その気になれば使わなくても作れます。

 前のページに「1本の籐・ラタンから、さまざまな用途の部材が取れる」と書きましたが、たとえば皮は「ヒモ」にもなるわけです。部材を組んだ継ぎ目をヒモで巻いて固定する方法もありますし、皮をむいた丸芯を編み上げるだけでも、人が座れるくらいの剛性を持たせられます。しかも適度な弾力性まで付いてきます。

 籐・ラタン材だけで、ほとんど何でも作れるのです。

 

2019-04-26 20:54:36

店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント