×

CATEGORY

10,000円(税込)以上で送料無料代引き手数料無料

会社紹介

〒112-0011
東京都文京区千石4-40-24
TEL:03-3941-4484
FAX:03-3941-4587
E-mail:info@kiuchi-tohzai.co.jp
営業時間:8:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

CATEGORY

CONTENTS

BLOG

■ブログ紹介
木内籐材工業 株式会社では随時ブログを更新しております。
≫一覧はこちら


HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  籐材の特徴について 3

籐材の特徴について 3

籐材の特徴について 3

籐材の特徴について3

 

つる植物・材としての用途

 つる植物の生存戦略と進化から、その材としての特質を説明してきました。その特質ゆえに、多くのつる植物は、世界の広い範囲で加工品、工芸品の素材として活用されてきました。「曲げに強く、しなやかで強靱、引っ張り強度が高い、しかも軽量」、その特質の活用例をいくつか挙げましょう。

・籠やいすなど

 比較的身近で見かける例です。「竹」でも同じようなものが作れますが、籐などのつる植物を用いたものの方が軽量で、肌を傷つけるような「ささくれ」も生じません。

・ロープやヒモ

 「高い引っ張り強度」という特質からして、ロープやヒモにはうってつけです。種類によっては一本で十分に信頼性のあるロープになりますし、細いつる植物をより合わせても、もちろん強靱なロープが作れます。

・橋だって架けられる

 日本の高度な技術が生きる本四連絡橋も、支えているのは「ロープ(ワイヤ)」です。強いロープがあれば橋が架けられます。東南アジア、南米などの地域では、ほぼつる植物だけで人が渡れる橋をかけることがよくあります。ちょっと田舎の地域のことにはなるのですが、今でも現役で活躍している橋が数多く存在します。

・熱気球のゴンドラ

 強靱で、さらに軽量であることから、空を飛ぶものにまで使われています。熱気球のゴンドラの素材としては、籐以上に良いものは存在しません。

・その他

 車輪のスポークにも使えます。これはもう、引っ張り強度のおかげですね。

その他、ステッキにもなりますし、ムチにもなります。

 

2018-11-12 16:12:05

店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント