×

CATEGORY

10,000円(税込)以上で送料無料代引き手数料無料

会社紹介

〒112-0011
東京都文京区千石4-40-24
TEL:03-3941-4484
FAX:03-3941-4587
E-mail:info@kiuchi-tohzai.co.jp
営業時間:8:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

CATEGORY

CONTENTS

BLOG

■ブログ紹介
木内籐材工業 株式会社では随時ブログを更新しております。
≫一覧はこちら


HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記

店長日記

店長日記
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

籐材の特徴について 3

籐材の特徴について3

 

つる植物・材としての用途

 つる植物の生存戦略と進化から、その材としての特質を説明してきました。その特質ゆえに、多くのつる植物は、世界の広い範囲で加工品、工芸品の素材として活用されてきました。「曲げに強く、しなやかで強靱、引っ張り強度が高い、しかも軽量」、その特質の活用例をいくつか挙げましょう。

・籠やいすなど

 比較的身近で見かける例です。「竹」でも同じようなものが作れますが、籐などのつる植物を用いたものの方が軽量で、肌を傷つけるような「ささくれ」も生じません。

・ロープやヒモ

 「高い引っ張り強度」という特質からして、ロープやヒモにはうってつけです。種類によっては一本で十分に信頼性のあるロープになりますし、細いつる植物をより合わせても、もちろん強靱なロープが作れます。

・橋だって架けられる

 日本の高度な技術が生きる本四連絡橋も、支えているのは「ロープ(ワイヤ)」です。強いロープがあれば橋が架けられます。東南アジア、南米などの地域では、ほぼつる植物だけで人が渡れる橋をかけることがよくあります。ちょっと田舎の地域のことにはなるのですが、今でも現役で活躍している橋が数多く存在します。

・熱気球のゴンドラ

 強靱で、さらに軽量であることから、空を飛ぶものにまで使われています。熱気球のゴンドラの素材としては、籐以上に良いものは存在しません。

・その他

 車輪のスポークにも使えます。これはもう、引っ張り強度のおかげですね。

その他、ステッキにもなりますし、ムチにもなります。

 

2018-11-12 16:12:05

コメント(0)

折りたたむ

籐材の特徴について2

籐材の特徴について2

 

上へ上へと伸びていく為に

 数多くの種にまたがる「つる植物」の茎の性質が、籐材の特質につながります。

・曲げに強く、しなやか

 自立するわけではないので、茎は細いままです。しかし同時に、他の樹木の幹を、曲面に沿って這い上がる必要から、ヨコ方向の曲げに柔軟に対応できるように進化しています。固く、もろく、ポキリと折れるようでは困るのです。つる植物の茎は、細く、やわらかく、強靱です。

・引っ張りに強い

 つる植物は、細い茎のまま高く高く伸びていきます。そうすると、上の方の茎は、そこよりも下の部分の自重を支えなければなりません。樹木に巻き付いたりトゲを引っかけたりして、ある程度負荷を減らしているとはいえ、その自重は相当なものになります。もちろん、その負荷でプチッと切れてしまうようでは困るのです。そのため、つる植物は高い引っ張り強度を持つ方向に進化しています。

・太い道管

 その高い引っ張り強度に貢献する要素が「太い道管」です。道管とは、根から吸った水分を吸い上げる管のことです。

 つる植物は、杉のような高い樹木のてっぺんまで伸びます。その高さだと、毛細管現象で水を吸い上げることはできません。したがって、道管を細くする方向の進化はありえません。ある程度以上の高さになると、細い道管は不利になるのです。

 そのためつる植物は、逆に道管を太くする進化を選びました。この太い道管が、強靱な繊維となり、高い引っ張り強度と、曲げに対する柔軟性を生み出しているのです。

・軽い

 もともと数多く存在する道管が太くなるということは、乾燥させれば茎の中の空洞部が多くなるということです。この為、つる植物の素材は強靱でありながら軽量になります。

2018-10-12 10:46:04

コメント(0)

折りたたむ

籐材の特徴について1

籐材の特徴について1

 

「籐」とはどんな植物か

 籐材の「しなやかで軽く、引っ張りに強い」という性質は、籐という植物の特徴から来ています。そこでまず、籐とはどんな植物なのか、そのあたりからご紹介しましょう。

 

つる植物の生存戦略

 籐は、分類上の大きなグループでいうと「つる植物」に属します。

つる植物は、みずからの茎や幹だけで自立するのではなく、ほかの自立している植物や高くそそり立つ岩盤など、上方に伸びる自然物に巻き付いたり、トゲやカギを引っかけたりしながら上へ上へと伸びていきます。

植物は光合成で生きていますから、光をたくさん受ける方が生存に有利です。そして光を多く受け取るには、高い方が有利です。

それで、杉のように高く伸びることのできる植物はいいのですが、丈の低い草木は、高い木の葉が茂る層を通り抜けてきた「木漏れ日」しか受けとめることができません。

 つる植物は、自分以外の高い木に絡みつくことで、「高さ」を確保する生存戦略を選びました。もともとの細い茎を伸ばすという少ない投資、軽い負担のまま、より多くの光が得られる高層レベルに進出したのです。

 

たくさんある「つる植物」

 このようなつる植物は、分類学上の特定の階級に属するのではなく、シダ植物にも、裸子植物にも、被子植物にも数多く見られます。つまり、進化の系統樹でまったく別々の枝にわかれている植物にも見られるのです。いわゆる「並行進化」です。進化の系統がまったくちがっても、環境が似ていれば似た形態に進化するという一例です。種はちがっても、考える戦略は似たようなものなのです。

 

2018-10-05 16:25:11

コメント(0)

折りたたむ

2017n年5月23日 東京都知事賞受賞されました。

東京手仕事プロジェクトにて当社の商品が東京都知事賞に選ばれました。

商品名:  籐と和紙のうちわ(無形文化遺産細川紙使用)

2017-05-23 21:48:10

コメント(0)

折りたたむ

籐敷物製作中


2016-04-20 15:26:19

コメント(0)

折りたたむ

籐敷物製作中

籐敷物 10帖  6帖製作中。

2016-04-20 15:25:26

コメント(0)

折りたたむ

銀座の老舗。椅子の修理

銀座の老舗の、椅子修理完了。

2015-12-28 08:35:42

コメント(0)

折りたたむ

籐椅子の修理完成。2脚になります。

2015-10-26 07:04:17

コメント(0)

折りたたむ

500 ゴルフクラブ。

籐タイルの施工。

2015-09-30 07:45:02

コメント(0)

折りたたむ

銀器、籐巻き

2015-09-29 15:50:36

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2